オンネトー アイスバブルとエメラルドグリーンの湖面

公開
十勝管内足寄町の湖「オンネトー」が連日の冷え込みで結氷した。エメラルドグリーンの湖水に浮かぶ氷には、気泡が閉じ込められた冬の造形「アイスバブル」が見られた。同湖のアイスバブルは湖の下から出る火山由来のガスや湖底に沈む植物が分解して出るガスが水面にたどり着けず、氷に閉じ込められてできると考えられている。雪が厚く積もると観察できなくなる期間限定の光景。環境省の阿寒湖管理官事務所は、湖には「湯つぼ」と呼ばれる氷が薄く危険な場所がある。1人では行かずプロのガイドと一緒に行動してほしいと、呼びかけている。